本物野良

[1]
f0116759_10122183.jpg

[2]
f0116759_10124132.jpg

[3]
f0116759_1013428.jpg

[うちのこ]
f0116759_10133071.jpg

うちの庭の前にはマンション住人用の非常通路がある。
庭と金網で隔てられたその通路は、近所の猫たちの通り道になっていて、
うちのこたちはいつも、金網の前に張り付いて、その通路の「監視」を日課にしている。

その日も普段どおりの日課をこなしていたのだが、一瞬、時間が止まったみたいに目線がある一点に集中した。
目線の先には片眼に傷を負った、雄の野良猫。
険しい風貌の、筋金入りの本物野良だ。
うちのこたちは身動きできず、完全フリーズ。
後ろから声をかけたが、いつもはこちらに向くはずの耳さえも、かたまっていた。

並の猫にならいつも、しっぽをラスカルにして威嚇しているのだが、格が違うと感じたのだろう、それさえもできない。
本物野良は、うちのこたちを一瞥しただけで、無視して通路を横切っていった。

初めて見る本物野良は刺激が強すぎたのか、うちのこたちはその日一日しょぼくれていた。
もしかしたら、同じ猫だとさえ思えなかったのかもしれない。
ショックが原因で、病気にならなきゃいいが・・・。


EOS-1DMarkII・EF15mm[1][2][3]、EOS KissデジタルN・タムロン17-50mmF2.8[うちのこ]
[PR]
by norakko-nikki | 2007-08-30 10:26 |
<< 猫補給 猫くさいカメラ >>