猫のダイエット

[1]
f0116759_1952387.jpg

[2]
f0116759_18295683.jpg

[3]
f0116759_1830444.jpg

うちの猫たちは姉妹なのに、体重が倍ほど違う。3.5キロと7キロ。
食べる量が圧倒的に違うのだ。
7キロのほうは、寝ている以外のほとんどの時間を「ご飯要求」に費やす。
昼だろうが夜中だろうがお構いなしだ。
おかげで歩いているときに、腹が地面にするくらいダブダブになってしまった。
したがないので動物病院で買ったダイエット用のカリカリに変えたが、あまりうまくないらしく、市販のカリカリを要求する。
挙句の果ては、自分が差別されていると勘違いしたようで、
3.5キロが市販カリカリを食べている最中に猫パンチをくらわすようになった。

最近は諦めたというか、背に腹は変えられないと感じたのか、しかたなくダイエット用を食べるようになったが、
こちらも「まずいもの」を食べさせている引け目があるので、要求されたままにあげていると、体重がさらに増えてしまった。
ダイエット失敗。

太りすぎると病気が心配だから、ある程度の制限はしようがない。
でも、旺盛な食欲シーンを見ているのは気分がいいし、
ほとんどを家の中で過ごして、食べることが一番の楽しみになっているのにと思うと、それを奪うのは気が滅入る。

悩ましい。
自分のダイエットのほうが、まだ楽かもしれない。


EOS-1DMarkII・EF15mm[1][2]、EOS KissデジタルN・タムロン17-50mmF2.8[3]
[PR]
by norakko-nikki | 2007-07-08 18:47 |
<< 猫の「こころ」 猫のペット >>