猫と宗教家

[1]
f0116759_21434596.jpg

[2]
f0116759_21435548.jpg

[3]
f0116759_2144448.jpg

猫が高い場所からでも上手に着地できるのは、知ってのとおりだ。
それに魅力を感じた歴史上の人物がいる。
イスラム教の開祖・マホメット(571〜632)だ。
彼は、猫が落下しても瞬間に回転して立ち、決して体を打ちつけないことに、異常な興味を示した。
マホメットは大変な猫好きであったという。

エジプトで神聖視された当時でも、ヨーロッパには飼い猫がいなかったらしい。
その根拠は、『イソップ物語』や『聖書』などに、猫の記述がまったくないからだという。

ところ変わってインド。
仏教の教祖・釈迦(紀元前466〜386)の涅槃図(釈迦が沙羅双樹〔さらそうじゆ〕の下で入滅する情景を描いた図)には、
たくさんの嘆き悲しむ鳥獣が描かれているのに、猫の姿は見えない。
猫が書き加えられたのは、後に日本で描かれた涅槃図だけだそうだ。
お釈迦さんの身近にも、猫がいなかったわけだ。

もし、イエス・キリストやお釈迦さんの周辺に猫がいたら、きっと聖書やお経の主要登場動物として、脚光を浴びたはず。
マホメットのように、イエスやお釈迦さんが、猫の魅力に気づかなかったはずがない。
逆に猫も、イエスやお釈迦さんのことを好きになったはずだ。

そして猫が、偉大な宗教家たちと出会っていたら、世界の歴史もいくぶん変わったかもしれない。


EOS-1DMarkII・EF15mm
[PR]
by norakko-nikki | 2007-06-23 21:47 |
<< 猫のペット 猫の血液型 >>