ウイスキー・キャットと女王陛下、そして池波正太郎

[1]
f0116759_15154851.jpg

[2]
f0116759_15155724.jpg

[3]
f0116759_1516539.jpg

作家・池波正太郎のエッセイに、ウイスキーを飲む猫が登場する。

仕事を終えた池波氏がウイスキーを飲むとき、小皿に少量の水割りを入れてやると、
音もたてずに飲んでしまう、のだそうだ。

猫とウイスキーの関係は意外と深い。

ウイスキーやビールの原料となる大麦は、鼠や鳥の餌となる。
蒸留所ではその駆除のため、古くから猫を飼育してきた。

いわゆるウイスキー・キャット。

主にスコットランド地方でそう呼ばれ、大切にされてきた。

おそらく最も有名なウイスキー・キャットは、1772年創立の、スコットランドでも
最も歴史がある蒸留所の一つ、グレンタレット蒸留所で飼われていた「タウザー」だろう。

タウザーは、山猫のような風貌の、ワイルドで闘争心のありそうなかっこいい雌猫だったそうで、
頻繁にネズミを捕まえては、蒸留所の人の前までわざわざ持ってきたそうだ。

そこで、蒸留所の人はその数字を毎日記録することにした。
1987年3月20日にこの世を去るまでの24年間に捕まえたネズミの数、実に2万8,899匹。
この記録はギネスブックに載っているという。
グレンタレット蒸留所ではタウザーの死後、銅像をつくり、今もなおその功績を称えている。

またタウザーは、女王エリザベス2世と同じ誕生日であることでも有名で、
1986年にタウザー名義で送られた女王へのバースデーカードには、バッキンガム宮殿から
「誕生日おめでとう」と記された返事が送られたという。

女王陛下にバースデーカードを送ったのは、当たり前だが蒸留所の人たちだろう。
粋だ。
そして、女王陛下の返信も、粋でさすが、と思わせる振る舞いだと思う。

ところで池波氏は、ウイスキーを飲りながら、猫と何を話したのだろう?
想像だが、多分、池波氏は、家族にも話さないような「鬼平犯科帳」執筆の裏話、苦労話を猫に打ち明けていたに違いない。

猫好きだった池波氏のこと、それはきっと、間違いないだろうと思う。


EOS-1DMarkII・EF15mm
[PR]
by norakko-nikki | 2007-06-02 21:23 |
<< ジェームス・ディーンと猫 猫は「福」そのもの >>