猫の冷や汗

[1]
f0116759_18531695.jpg

[2]
f0116759_18404263.jpg

[3]
f0116759_1858131.jpg

うちの猫たちは病院が大の苦手だ。
病院へ連れていくためのバッグを準備し始めると、
この世の終わりみたいな悲壮な顔をして
ちぢこまってしまう。

病院の待合室でもおびえて震えている。
少しでも恐怖心を取り払ってあげようと手を握りしめると、
肉球がほんのり濡れている。
汗だ。

猫は肉球にだけ汗をかく。暑いときにではない。
緊張したときにだけ汗をかく。
冷や汗。

うちの猫たちにとって、病院へ行くのは寿命が縮まるほどの恐怖なんだろう。
そしてその恐怖心は、飼い主にも伝染する。身が縮まる思いだ。
ついでに冷や汗も伝染して、暑くもないのに汗をかいてしまう。

「病院に慣れろ」といっても、こればっかりは無理だろう。
人だって、怖いものは怖い。
これからも、一緒に汗を流し続けるしかない。

EOS-1DMarkII・EF15mm
[PR]
by norakko-nikki | 2007-05-06 18:45 |
<< 毎年が猫年 「猫に触れる」ということ >>