「猫に触れる」ということ

[1]
f0116759_2212257.jpg

[2]
f0116759_2264984.jpg

[3]
f0116759_2265654.jpg

動物行動学の研究で有名なマイケル・フォックス博士が1994年に来日し、
獣医相手に講演をした。
博士は、「相手を心配したりいたわったりする感情は犬や猫にもある」、
「ペットを飼える住宅を増やすことが、高齢者の福祉対策にもなる」などと述べた。

猫を撫でると血圧が安定したり、心拍数も正常になるなどの効果が認められているらしいし、
ボランティアの慰問猫が老人ホームのお年寄りのボケを治した例もあるという。

科学的な根拠はよくわからないが、猫と暮らしていると、
そういうことは実感としてよくわかる。
多分、猫好きにとって「猫に触れたい」という欲求は、
「食べたい」「寝たい」に匹敵するほどの根本的な欲求だからだろう。

犬にくらべて役に立たないと言われ続けてきた猫。
その汚名は、誤解に満ちている、と思う。

EOS-1DMarkII・EF15mm
[PR]
by norakko-nikki | 2007-05-01 22:12 |
<< 猫の冷や汗 猫のノミ取り屋 >>