ローマの猫

[1]
f0116759_2220274.jpg

[2]
f0116759_2292568.jpg

[3]
f0116759_2293462.jpg

ローマのトレ・アルジェンティーナ広場に面する神殿遺跡には、
100匹ほどの猫が住み着いているらしい。
2001年12月、ローマ市は、
「いまや猫は遺跡の一部であり、その文化的価値を認定する」
として、ローマの遺跡に住む猫たちを「生きた文化遺産」に指定した。
猫が文化遺産だなんて洒落ているし、太っ腹だ。
日本ではまだまだ難しいだろう。

理想をいえば、こういった出来事が、
ニュースにならずにごく普通の出来事になればいい。
猫の存在が、いま以上に当たり前になれば、もっと喜ばしい。

EOS-1DMarkII・EF15mm
[PR]
by norakko-nikki | 2007-03-16 22:13 |
<< 「ニャー」と返事をしてくれたら・・・ 育ててもらっているのは、人 >>