猫の狩り

[1]
f0116759_2232270.jpg

[2]
f0116759_2235797.jpg

[3]
f0116759_2247100.jpg

かつて猫は、食べるため生きるために狩りをしていた。
でも最近の猫は、ねずみや鳥といった小動物を捕らえても、動かなくなるまでひとしきり遊んで(残酷だが)、あとは知らん顔をしていることが多いらしい。
食べるための狩りはもうやめたのだろうか。
いやいやそんなことはない。
猫はいまでも、そしてかつてより活発に狩りを続けている。
人をターゲットに、愛らしさを武器に変えて・・・。

EOS KissデジタルN・タムロン17-50mmF2.8[1][3]、EOS-1DMarkII・EF15mm[2]
[PR]
by norakko-nikki | 2007-02-14 22:13 |
<< 自由を奪われ、愛情を押しつけら... 猫はピュア >>