将来のことをいちいち気に病んだりはしない

No.1
f0116759_8383241.jpg

No.2
f0116759_8384680.jpg

No.3
f0116759_8385438.jpg

「僕は子供の頃いつも、冬がやってきてあたりが日に日に寒くなってくると世間の猫たちが『ひょっとしてこのまま世界はどんどん寒くなって、氷河期がやってきて、何もかもかちかちに凍りついてしまうんじゃないか』と不安に感じているのではあるまいかと心配したものだけれど……そんな気配はかけらもなくて、猫たちはいつも気楽な顔をしてのうのうと炬燵で眠っていた。……猫というのは傾向的に、将来のことをいちいち気に病んだりはしないのかもれない。」村上春樹「コウタローの行方、子猫サーシャの数奇な運命、またまたボストン・マラソン」『うずまき猫のみつけかた』より


よかったらクリックしてください!⇒人気blogランキングへ
よかったらクリックしてください!⇒ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by norakko-nikki | 2006-12-29 08:42 |
<< 頭の中まで猫が住み込んで了った 猫飢餓 >>